X100Fで動画撮影に挑戦

茨城県ひたちなか市に遊びに行ったときにX100Fの動画モードを使って撮影しました。

このカメラは結構「写真に特化」したようなところがあって、購入前にいろんなブログのレビューなりを読み漁ったけど「写真を撮るのが楽しくなるカメラ」っていう記事が多かった。実際に使ってみて「写真が撮るのが楽しくなるカメラ」というのは本当にしみじみ感じた。カメラ本体のサイズ感、持ってるだけでテンションの上がるクラシックな外観、慣れが必要だけど手軽に楽しめるマニュアル撮影、ファインダーを覗いてシャッターボタンを押す瞬間の時を切り取る様な快感。他のカメラとの比較は出来ないけど、こういう感覚がコアなファンの多いFUJIFILM X100Fの魅力なのかなと。写真については数々のユーザーさんからもかなりの高評価だったりするX100F。

しかしこのカメラにも今作のコンデジや一眼レフなんかと同じように動画モードが搭載されています。FUJIFILMのフィルムシュミレーションを使った動画撮影ができるのが売りだったりするんですが、動画撮影については他のブログでもほとんどレビューがなくて、なんかの質問コーナーで「このカメラで動画撮影はどうですか?」→「sonyのRX100M5にしときなさい」というようなやりとりをみたような気がします。

・手ブレ補正無し。
・4K撮影無し。最大FullHD。
・Log撮影不可。
・レンズが単焦点レンズのみ。(オプションで少し変えれる)
・スロー撮影不可。

このあたりが最近のコンデジや一眼レフと比べて性能面で劣るところのような気がします。あとは動画モードの設定の問題なのか、撮影開始後にマニュアルでフォーカスを変えることができない?オートフォーカスモードでなんとか。まぁそれでも写真を撮る様な手軽さで動画を撮ることができるのはこのカメラの良い所です。

・手ブレ補正無し。→ 三脚を使う。デジカメ用ジンバルを買う。筋トレをしてブレない筋肉を手に入れる。
・4K撮影無し。→ FullHDで十分。4K対応モニター持ってない。
・Log撮影不可。→ カラーグレーディングすごくやってみたい。これは悔しい。でもフィルムシュミレーションが使えるから大丈夫。
・レンズが単焦点のみ。→ 歩いて走って近寄ったり離れたり。広角で撮りたい風景はカメラを少しづつ横に動かせば広がる世界。
・スロー撮影不可。→ ゆっくり動かしたり動いてもらったり。プレミアプロの編集力を上げる。

こんな感じでなんとかやれると思います。X100Fの動画モードを存分に楽しんできたいと思います。X100Fの動画モードレビューみたいのは少ないので参考になればと思います。

 

FUJIFILM X100F video mode fullHD 30fps

 

 

FUJIFILM X100F video mode fullHD 30fps

 

 

FUJIFILM X100F FullHD 60fps

 

 

FUJIFILM X100F video mode FullHD 30fps

 

最近の記事

ピックアップ記事

select language

PAGE TOP