ブログ

DJI OSMO POCKET テスト撮影【ブログ】

先日名古屋に行ったときX100Fと一緒に「OSMO POCKET」を持っていって撮影したので実際使ってみた感想を記事にしたいと思います。

DJI OSMO POCKETとは

2018年12月15日に「DJI OSMO POCKET」が発売されて超小型の3軸ジンバル搭載カメラで話題になりました。簡単に言うと小さくて超綺麗に動画や写真を撮れるカメラ。

 

公式サイトはこちら

詳しい機器の詳細は公式サイトを見たほうが早いと思うので割合します。

最近ではOSMO ACTIONというGoProと同じようなアクションカムがDJIから発売されてこれもまた話題になりましたね。DJIすごい。

 

実際に撮影してみた映像

そして今回このOSMO POCKETを使って撮影した動画がこちら。ほんとに切ってつなげただけの動画ですが。

osmo pocket 4K60fps test

DJI OSMO POCKETの良かった点

軽くて小さい

これが一番ですね。胸ポケットに入れたまま行動できるのでスッと取り出せてボタン一つで撮影開始。

X100Fもどっちかというと取り出しやすいカメラなんですがそれ以上でした。撮りたい瞬間をのがさないってのは大事です。

旅行とか荷物も持って行動するという状況に置いて、軽くて小さいのは本当に正義だと思いました。

 

4K動画を撮影できる

こんなに軽くて小さいのに4K動画を撮影できるってまじですごい。これこそOSMO POCKETのオンリーワンな特性ですね。4KだけじゃなくてフルHD動画や写真も撮影出来ます。

さらにスローモーション撮影、タイムラプス撮影などなどOSMO POCKETひとつで色んな撮影方法が楽しめます。

今回は4Kの60fpsでしか撮影してませんが、そのあたりも今後使ってみたいですね。

 

音が結構良い

これが意外でした。まぁ外付けマイクに比べるとそうでもないとは思いますが、内蔵マイクにしてはしっかりとした音声が撮れてました。

 

3軸ジンバルが超優秀

こんなにも小さいのにジンバルがしっかりしてます。ほんといい具合にブレない。

今作デジタルカメラがスマホとよく比較される事も多く「スマホで十分」なんてのをよく見かけますが、OSMO POCKETに関してはスマホ以上のお手軽さで美しい映像や写真を撮影できるアイテムなんじゃないかなと思います。



DJI OSMO POCKETの微妙だった点

スマホを繋ぐ事が前提

撮影してて一番気になった部分がコレです。OSMO POCKET本体の小さなビューモニターに表示されてる映像と実際に撮影されてる映像は画角が違うので単体で撮影してると実際どういった映像が撮れてるのかイマイチピンときません。(慣れれば把握できるようになるのかもしれませんが)。

スマホを繋げば撮影画角全体がスマホに表示されますが、私の場合スマホカバーを外さないと繋げられないのでせっかくのお手軽感が台無しになります。スマホよく落とすので出したりしまったりする事があまり好きではない性分としてはさらに微妙なところですね。その他詳細設定はスマホから行う必要があります。

 

起動時のアクション

起動時にOSMO POCKETがジンバル動作確認の為かクルクルと少し動きます。最初は可愛いし、おーっ!って思うんですが毎回この動きは必要ないんじゃないかなぁと思います。

 

4Kの必要性

これ言ったらそもそもを否定してしまうことになりそうなんですが、私の現環境下で4K対応のモニターがないという。。。それでも明らかに画質が綺麗なんですけどね。

あとは編集の時にプレミアプロが重すぎて作業する気が起きなくなってしまいました。調べたところプロキシ生成で解決できるようなんですが。私の現環境下で4K対応のモニターがないという(以下略

 

置いて撮れない(映像の好み)

OSMO POCKET単体では置いた状態で撮影できません。そもそもそういう使い方をする設計ではないんですが置いた状態から撮影する場合は専用のジンバルマウントホルダーが必要になります。

そしてOSMO POCKET本体のみで撮影した映像は常に画面全体の全てにピントが合った状態でした。スマホを繋げばマニュアルでフォーカスを操作することが出来るようになったりISOやシャッター速度も変えることができるみたいなんですがOSMO POCKET本体のみで好みの映像を撮影する事は難しいかもしれません。

 

 

まとめ

発売から半年以上が経って色々と情報も出尽くされてるかと思いますが、実際にOSMO POCKETを使ってみた感想です。

これだけ小さくて軽い3軸ジンバル搭載カメラの凄さは体感出来ました。ただデジタルカメラをスタビライザーに繋いで撮影するのをお手軽にしたというよりは、スマホを繋ぐ事がほぼ大前提となってるのでDJIのOsmo Mobileというスマホ用のスタビライザーの進化版っていうようなイメージのほうが強いのかもしれませんね。

今後

1回使ってみただけじゃわからない事も多いので今後も機会があれば使っていきたいと思います。

今現状使用してる機材がX100Fのみということでつい比較してしまいそうになるんですが、実際使ってみた感じこれはもう完全に別物カテゴリーですね。

そして4K映像はX100Fの後継機が4K撮影対応になった場合は本気だします(




最近の記事

  1. フォトマスター検定を受験してきた話

  2. 【FUJIFILM X100V】October Photo 2021 #フォトログ

  3. X100Vファームウエアアップデートver.2.01について

  4. 【FUJIFILM X100V】September Photo 2021 #フォトログ

オススメ記事

  1. 【写真について学ぶべき100のこと】Digital Photography School 和訳#01~#50

  2. 【FUJIFILM Camera Remote】公式アプリを使ったレリーズ撮影の設定方法

  3. IFTTT(イフト)を使って超簡単にインスタグラムからツイッターに写真付きで自動投稿する方法。

  4. 【レビュー】FUJIFILM X100Vを半年使ってみた感想

GTranslate

PAGE TOP