【X100V photoblog】真夏のポートレート撮影

最近参加させて頂いているイベントの中で知り合った方に協力してもらってポートレート撮影をしてきました。

その経験と記録。今後の撮影で意識する事とかの自分用メモ。



海でのポートレート撮影をクラシックネガで

予定当日早朝(5:00)から待ち合わせをして砂浜のある近くの海岸へ。

今の時期昼間にバイクに乗るのは暑すぎてもはや危険なレベルなので安全策&朝焼けと一緒に綺麗に撮れるといいなという魂胆。

SS:1/250 F:2.5 ISO:160 DR:100 FILM:Velvia

目的地に到着して最初の一枚。

Velviaで撮影しましたが朝日で景観が黄色っぽい感じなので鮮やかさを表現するフィルムシミュレーションはちょっと違うなと。全体的に靄がかってて言葉で表現するなら静かな朝焼けと言った感じ。

なのでCLASSIC Neg.で撮ってみる事に。

SS:1/250 F:2 ISO:160 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

イイ・・・!

という訳で以降CLASSIC Neg.で撮影しました。

SS:1/1000 F:3.6 ISO:200 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

 

SS:1/250 F:2 ISO:160 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

 

SS:1/1000 F:3.2 ISO:320 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

 

SS:1/1000 F:3.2 ISO:320 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

朝日が結構な明るさでしたが内蔵NDフィルターを使って絞りは出来る限り開放で。

海岸が東向きなので海とモデルさんをフレームに納めるとどうしても逆光になります。ポートレートとして正解かどうかはわかりませんがシルエット調な写真大好きなので個人的にはとても良い。

水平線が一筋に白く光っている部分だったり、朝日だからこそ表現できる波間の輝きとかもモデルさんと一緒に綺麗に撮れるように意識しました。


SS:1/1000 F:3.2 ISO:320 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

 

SS:1/250 F:2 ISO:160 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

早朝という事もあってか幻想的で夢のような時間でした。まさにうたたかの夢。

別の場所へ移動して撮影

場所を湾沿いに移して撮影。

SS:1/1000 F:2.8 ISO:L80 DR:100 FILM:PROVIA

 

SS:1/1000 F:2.8 ISO:L80 DR:100 FILM:Velvia

 

SS:1/1000 F:2.8 ISO:L80 DR:100 FILM:Velvia

日も高くなり夏らしい写真にしたくてVelviaで撮影。ただ人物にフォーカスして背景をボカす事を考えるとやっぱVelviaじゃなくていいかも・・・

という事で海岸の時と同じようにCLASSIC Neg.で撮影。

SS:1/1000 F:2.5 ISO:200 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

 

SS:1/1000 F:2.5 ISO:200 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

 

SS:1/2000 F:2.2 ISO:L80 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

イイ・・・!

フィルム写真チックな感じが良すぎる・・・。


撮影を終えて

そんなこんなで撮影終了。どっちかと言うとポートレート写真と言うよりスナップ写真的な感じのが多いかもしれない。詳しいジャンルの違いはよくわからんけど。カメラの設定的なものに関してはフィルムシミュレーションの違いだけで大体基本同じだったので、屋外で撮影する時の設定テンプレート的な感じになるかもしれない。

今回モデルをしてくれた方は撮られる事に慣れてるのもあって常に自然な感じでいられるのがさすがでした。そしてどの瞬間もほんと絵になるというね・・・素敵すぎる。本当にありがとうございました。是非次はシネマティックビデオ撮影に・・・(*´Д`)


今後人物を撮影する時の為に

・メニューからRAWの設定をする
RAW+FINEをキーに割り当てていましたが、それで切り替えてRAW+FINEで撮影しても一枚撮るとjpegのみに戻るという仕様。知らなかった・・・。なのでしっかりRAWで撮影する場合にはメニュー設定から。デメリットとしてはデジタルテレコンが使えなくなるけど人物をメインで撮影すると決めてある場合はRAWで撮る事のほうが重要。

・ワイコンを使わずに撮影する
普段ワイコンをつけっぱなしにしてますが、人物をメインで撮る事を考えると中途半端に画角が広くなくてもいいかもしれない。ロケーションにもよるし悩ましい部分ですがX100Vの長所をより生かすなら35mmで撮るのが良さそうだなと。ズームレンズ使えるカメラってチート性能だわぁ・・・。まぁでもそのアナログ感がたまらないってのが魅力。

・PRO Neg.で撮ってみる
RAWで撮ってRAW STUDIOで現像すれば解決する事だけど一応。やっぱその時の撮れてる写真の雰囲気って大事。作品イメージにつながる。

・動画も撮る
写真を撮るのと動画を撮るのってなかなか同時に撮影進行するのが難しいけど、撮らずに後悔するくらいならどんなのでもいいから撮っておくべき。もちろん許可をもらってから。

最近の記事

ピックアップ記事

select language

PAGE TOP