動画

FUJIFILM X100V cinematic video.

FUJIFILM X100V cinematic video

FUJIFILM X100V cinematic video.film simulasion Classic Neg. Velvia

use camera:FUJIFILM X100V
video mode:FHD 59.94p 16:9.
film simulasion:Classic Neg. Velvia
track:Mitte & Ratfoot – On My Own
edit:adobe premiere pro CC

今回の映像について

動画を撮って作りたい気持ちはずっとあったんですがなかなか動画撮影のみの機会を作ることができず、写真撮影で訪れた場所のところどころで撮影した動画をまとめたような内容かつ、これまでの総集編っぽい感じになっています。撮影期間は約1年。映像内の幅が広すぎて正確なストーリー性まで表現できているかはわかりませんが、なるべく時間帯や季節感は見てて違和感ないようにしつつ写真だけじゃ伝わらないような美しさを映像で感じられるようなものにできたらなと思い制作しました。

フィルムシミュレーションやカメラの設定、編集について

フィルムシミュレーションはクラシックネガ多めです。正直エテルナより好きかもしれない。今回はVelviaで撮影した映像も混ぜてますがそこまで統一感がチグハグにならないのはやっぱFUJIFILMさんがすごくいい物を作ってるからなんでしょうね。さすがです。

カメラの設定は動画モードフルHD59.96p。編集でフッテージを23.976pfpsに変更しています。4kの高画質だったり高フレームレートのヌルヌル動く映像が最近は流行ってるような気もしますが、やっぱりこの感じが好きなんです。ジンバルは使わずに全て手持ち撮影でワープスタビライザーを5~10%かけてます。

撮影時に特別な事はやっていませんが、今までで一番「写真を撮る様な感覚で動画撮影」をしました。どういうことかと言うと「風が吹く瞬間、イルカが跳ねる瞬間、水が滴る瞬間、桜が散る瞬間、鳥が空を飛んでる瞬間」そういった思わず写真を撮りたくなるような瞬間を動画モードで意識的に撮るようにしていました。

動画編集においては「こういう映像が作りたいからこう撮影した」というのではなくて「今まで撮影した素材の中からパズルを組み立てる」ような感じで作ったので全部の映像を「つなぐ」事は難しかったんですが、後半の盛り上がっていく部分はカメラムーブを意識して撮影した映像でつないでます。動画の前半は写真で見ても美しい映像。後半は動画で見るからこそ美しい映像。

最後に

写真を撮る中で撮影した映像というのが多いですがご一緒して下さった方々本当にありがとうございました。そして何より撮影ロケーションである岡山県、鳥取県、広島県、香川県、兵庫県のこの美しい風景を管理して下さっている方々に心より感謝。こういう活動をしていて常々思うのが美しい風景というのは、誰かが管理していてくれてるからこそ美しく保たれているという事。人の手が入っていない大自然の美しさというのもあると思いますが、近所の小さな公園に咲いている藤の花や、土手から見える川、イルミネーションも誰かが綺麗に設置してくれているからこそあるものなんですよね。感謝します。

これから状況や環境が変わっていきますが楽しんで続けていく所存なので今後ともよろしくお願いします。


最近の記事

  1. フォトマスター検定を受験してきた話

  2. 【FUJIFILM X100V】October Photo 2021 #フォトログ

  3. X100Vファームウエアアップデートver.2.01について

  4. 【FUJIFILM X100V】September Photo 2021 #フォトログ

オススメ記事

  1. 【写真について学ぶべき100のこと】Digital Photography School 和訳#51~#100

  2. 【写真について学ぶべき100のこと】Digital Photography School 和訳#01~#50

  3. 【レビュー】FUJIFILM X100Vを半年使ってみた感想

  4. 【FUJIFILM Camera Remote】公式アプリを使ったレリーズ撮影の設定方法

GTranslate

PAGE TOP