ブログ

チームラボボーダレス撮影

ずっと行ってみたかった「チームラボボーダレス」の撮影記録。2022年の8月で閉館と聞いて「これは行っておかないと!」という事で行ってきました。正確には一度閉館して2023年都内に移転するとの事。ヨカッタ

いつも通り全てX100Vで撮影。

チームラボボーダレス

今回はカメラマン兼モデルをされているそらさんもご一緒して頂いたので彼女メインに撮らせて頂きました。人が多くても堂々とした振る舞いはさすがの一言。

作品名とかあまりわからないので場所ごとに分けて載せていきます。

光の彫刻空間/Light Sculpture Space

SS:1/60 F:2 ISO:1600 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/125 F:2 ISO:2500 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/125 F:2 ISO:2500 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/125 F:2 ISO:800 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:2500 DR:100 FILM:Velvia

SS:1/60 F:2 ISO:2000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

音楽に合わせて強い光が動く演出の空間。ライブ感と言うか躍動感がすごくてまるで光が踊っているようで面白かった。光を背にするとシルエットになりますが撮り方次第では色々な表現が出来そう。

SS:1/125 F:2 ISO:5000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

お気に入りの一枚。すごく良い瞬間を撮らせてもらいました。

クリスタルワールド/Crystal World

SS:1/60 F:2 ISO:2000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:4000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/10 F:2 ISO:400 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:400 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/250 F:2 ISO:1600 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:4000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:500 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/125 F:2 ISO:10000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

小さなライトが無数に光る鏡張りの空間。ここは本当に綺麗で色や演出がそれぞれ違う作品だったりするらしい。撮るタイミングによっては明るくも撮ることも可能。

鏡張りという事もあってすごく広い世界の中にいるようで光の演出によっては宇宙の中にいるような不思議な世界でした。

SS:1/60 F:2 ISO:5000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

ポージングによってはミラーボールのような世界観にも()

人々のための岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Rock where People Gather

SS:1/60 F:2 ISO:5000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/15 F:2 ISO:1000 DR:100 FILM:Velvia

SS:1/30 F:2 ISO:1000 DR:100 FILM:Velvia

SS:1/60 F:2 ISO:4000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:4000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/30 F:2 ISO:8000 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

和風というか中華風というかアジアっぽいテイストの演出が多い空間。デジタルアートでここまで自然を感じる事ができるのはすごいなと。ゆっくり時間が流れてるような感覚になります。モデルが素晴らしい。。て、天女!?ってなった。

ランプの森/Forest of Lamps

SS:1/60 F:2 ISO:2500 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/60 F:2 ISO:1600 DR:100 FILM:Velvia

The映えスポットであろう有名なランプの森。正直ここが一番撮るのが難しかった。まず時間制限があるっていうのがきつい。さらに押し込まれる人が多くて人の少ない瞬間や隙間を狙って撮るのが難しい。多分誰もいない空間を撮ったりすると幻想的だったりするんだろうけど人+ランプの多さでごちゃごちゃしてしまうのが難しいと感じた原因かなと。次はリベンジしたい。

実際に行ってみて

どこを撮っても映えるとは聞いていましたが本当そうでしたね。それでも撮ってて楽しいし非日常感を味わえます。7時間が一瞬で過ぎるという程に楽しくチームラボが出来て時間も経過していて出尽くしてる感もありますがずっと行きたかった場所で撮影出来た事はすごく嬉しい。デジタルアートにも色々ありますがこういう時代の先をいくクリエイティブな事って凄いというか本当に面白い。

SS:1/60 F:2 ISO:3200 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

SS:1/30 F:2 ISO:6400 DR:100 FILM:Velvia

SS:1/60 F:2 ISO:6400 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

カメラの設定は写真毎に記載してますが、大体シャッター速度1/30~1/125くらいで絞り解放のISO感度で調節するような感じで撮ってます。それでも実際にはかなりの枚数撮影しましたがボツな写真が多く結構難易度は高めだなと。シャッター速度をうまい事合わせていけばもっと面白い表現もできるかも。フィルムシミュレーションは大好きクラシックネガ多めでちょいちょいVelviaで合わせてみたり。場所によっては彩度抑え目でも色合いがきつくなりすぎるので難しい所ですね。

リニューアルされたら今回の経験を踏まえてチャレンジしたいと思います。その前に豊洲と北京に行くか、、、。

初チームラボボーダレスご一緒してくれたお二人に感謝!

SS:1/125 F:2 ISO:12800 DR:100 FILM:CLASSIC Neg.

チームラボボーダレス公式サイト(リンク)

最近の記事

  1. 【FUJIFILM X100V】July Photo 2022 #フォトログ

  2. チームラボボーダレス撮影

  3. 【FUJIFILM X100V】June Photo 2022 #フォトログ

  4. 雨の日の新宿御苑を撮影

オススメ記事

  1. FUJIFILM X100V cinematic video.Film simulation Eterna.

  2. IFTTT(イフト)を使って超簡単にインスタグラムからツイッターに写真付きで自動投稿する方法。

  3. 【レビュー】FUJIFILM X100Vを半年使ってみた感想

  4. 【FUJIFILM Camera Remote】公式アプリを使ったレリーズ撮影の設定方法

GTranslate

PAGE TOP